super_mikan

現役プロダクトデザイナーがプロダクトデザイナー視点でモノをレビューします。

trippen メンテナンス

トリッペンのHafelとGolfについて長らくデリケートクリームだでけケアしてきました。

トリッペン路面店でHafelを購入した時、履いた後のブラッシングとたまにデリケートを塗るだけのケアをおススメされまして、丁寧に履いていたのでそれでも大きな問題はありませんでした。

しかし、9年近く履き込んでそろそろ色褪せ具合が気になってきたので今回は色付きのクリームを使ってメンテナンスします。

それぞれ確か一回ずつソールの張替えもしています。トリッペンは足の屈曲に綺麗についてくるのでソールの減りも穏やかです。

Golfの方は汚れや水染みも目立ちにくいので、たくさん歩く必要のある海外出張でも結構活躍しています。

こちらはきれいな中古を買いましたが、今となっては新品でも中古でも関係ないくらいに自分の足に馴染んできました。

 

今回は下記の道具を使います。

1、馬毛ブラシ  靴の埃落とし

2、クリーナー  汚れ落とし

3、クリーム  革の保湿と補色

4、ペネトレイトブラシ  クリームをこれでつける

5、豚毛ブラシ 塗ったクリームを均一に伸ばす

6、ワックス  艶出し

※ブラシセットでまとめて買うと少し安くて手軽ですね

  

 

では、写真付きで手順説明します。

 

1、埃落とし

f:id:super_mikan:20181124143132j:image f:id:super_mikan:20181124143125j:image f:id:super_mikan:20181124143121j:image f:id:super_mikan:20181124143540j:image

馬毛ブラシで埃を入念に落とします。

Hafelはシューレースの取り回しが特殊なのであらかじめ写真でメモしときました。

写っているのはトリッペン純正シューツリーです。普通のより先が丸めですが、普通のでも大丈夫です。

メンテナンス中に靴が変形すると作業しにくいのでシューツリーを入れて作業します。

Golfも同じように進めます。

 

2、汚れ落とし

f:id:super_mikan:20181124143754j:image  f:id:super_mikan:20181124143750j:image 

モゥブレイのリムーバーをコットンの端切れに含ませて優しく拭き取ります。

これで古いクリームや汚れを拭き取ります。

これでもそこそこ綺麗になります。

 

3、保湿、補色

f:id:super_mikan:20181124143948j:image f:id:super_mikan:20181124143942j:image f:id:super_mikan:20181124143938j:image  f:id:super_mikan:20181124143132j:image  f:id:super_mikan:20181124144253j:image

明るめの革には明るめのライトブラウンのクリームを、暗めのブラウンにはミディアムブラウンを使いました。

色が濃くなりすぎないように革よりも明るめのクリームを使ってます。

トリッペンの革は自然な風合いが魅力なので、極力オリジナルの色味を残したいなと思います。

ペネトレイトブラシで、少しずつ塗ります。

この後、豚毛ブラシでブラッシングし、クリームを満遍なく広げます。豚毛ブラシの方が馬毛ブラシよりコシがあるので細かいところまでクリームが入りやすいですが、なければ馬毛ブラシでも良いと思います。

ブラッシングすると結構ツヤが出ました。この後きれいなコットンで余分なクリームを拭き取ります。

これだけで完了してもOKですが、今回はワックスで艶出しです。

 

4、艶出し

f:id:super_mikan:20181124144726j:image  f:id:super_mikan:20181124144735j:image  f:id:super_mikan:20181124144742j:image  f:id:super_mikan:20181124144739j:image  f:id:super_mikan:20181124144731j:image

まずは、ワックスを「つま先」と「かかと」に薄く塗ります。

ワックスの成分は革を硬くするので、履いている時革が曲がるところに塗布すると、革が割れてしまうことがあります。ですので、そういった曲がりのないつま先とかかとだけにワックスがけします。

少しワックスを塗ったら新しいコットンハギレで優しく円を描きながら磨いていきます。

このとき、布に水を軽く染み込ませます。そうすると、コットンが革の上を滑らかに滑ります。

乾いていきたら水を再度含ませて、ワックスを塗り足しながら優しく、満足いくまで磨いてみてください。

 

6、完成

f:id:super_mikan:20181124145306j:image  f:id:super_mikan:20181124145312j:image

インスタにあげた写真撮なので少しフィルター効果かかってますが、こんな感じに綺麗になりました。

細かな傷も目立たなくなりました。

ビフォアはこちらです。

f:id:super_mikan:20181124143125j:image  f:id:super_mikan:20181124145431j:image

撮り方が違いますが、だいぶ見違えたと思います。

 

 

 

 

 

ポートレート撮影で使うのは単焦点レンズかズームレンズか?

ポートレート撮影で使うのは単焦点レンズかズームレンズか?

よくある話題です。

今回は初めてレンズ交換式カメラを購入した、しようとしている人、ポートレート撮影をはじめたい人向けのレンズの話です。

 

つい最近までポートレート撮影において大口径単焦点以外はありえないと思ってましたが、最近そうでもなくなりました。

 

なぜか?

 

1.大口径単焦点レンズでも屋外でロケ撮影をする場合はF4、5、6くらいまでは絞ることもある

主題は人でありつつも、背景もとても大事です。

見る人をぐっと引きつける写真は背景も丁寧に扱ってあります。

大口径単焦点レンズも絞るときれいな円形ボケじゃなくなったり、そもそも解放から円形ボケじゃないのもあります。

 

2.撮影場所にこだわると、人の多い場所も多く、ストレス無く撮影できる時間は短いでのでレンズ交換や立ち位置調整の時間を極力なくしたい

同じ敷地内でも極力穴場スポットを探すのですが、週末撮影だとどうしても思うようには行きません。画質も大事ですが自分とモデルさんの集中力も大事です。当事者以外の要因による機会損失はゼロにしたいです。

この点、ズームレンズは人の流れや場所の広さに合わせて臨機応変に対応できるので良いですね。

 

先日、紫陽寺に撮影に行きました。

この辺りのことが気になったので割り切ってSAL2470F28ZとSEL70200Gをそれぞれ別のボディにくっつけて持っていきました。

そうすると、思った通り、撮影がスムーズにいったのと現像してみると思いの他仕上がりが良かったことが今回この記事を書こうと思った1番の理由です。

 

もちろん、ズームレンズのよろしくないところもあります。

 

1.背景をよりボカしたいときは望遠域を使うことになるので被写体との距離が必要になる

2.足を動かさずに、ついちまちまとズームで画角を調整してしまう

意図に合った画角を決めてそこから立ち位置調整した方が良いと思いますが、夢中になってしまうとついズームに頼ってしまいます。

そういう意味でポートレート(も他のジャンルも)初心者のうちは単焦点レンズで歩き回りながら構図を試行錯誤するのが良いのかなと思います。

ある人は便利ズームは写真がヘタになると言ってましたが、ほんとにその通りだと思います。

ただでさえ撮影中はいろいろ気にすべきことが多いので、焦点距離は一定の方が構図やその他のことに集中しやすいと思います。

 

3.写真のメリハリ

合焦域とそうでない部分のメリハリはやはり単焦点レンズにはかないません。

しかし、そこは構図や現像による工夫でなんとでもなる部分でもあります。もちろん、現像に時間をかけなくても良いのが1番だとは思いますが。

 

そんなわけで、最近はSEL24105F4が欲しいのですが、単焦点と入れ替える勇気はまだありません。

 

結論としては、単焦点もズーム両方とも必要だ!と言いたいところですが、Eマウントでポートレートレンズを選ぶ時のおすすめを下記のように場合分けしてみました。

 

1、ポートレート撮影を始めたい、たくさんポートレートを撮りたい人向け

→SEL85F18 楽しくないと後が続かないので、まずはこちらで被写体のグッと引き立つ様を見て楽しむのが良いと思います。35mm、50mmと比べても同じ絞り値でボケ具合が全然違う違うので、キットレンズからのステップアップであれば人に限らず何を撮っても楽しいと思います。

85mmはボケで背景を整理することで被写体を引き立てやすい画角です。90mmマクロも同じように使えるレンズで、さらに接写などにも使えます。しかし、マクロレンズの特性上AFは85mmと比較して遅くなると思っておいた方がいいと思います。

24mmなどの広角レンズはより多くのものが画面内に入ってくるので要素を整理するのが難しくなる傾向です。

結果、85mmなどの中望遠と比較して、慣れないうちは画面内が散漫な印象になることが多いかも知れません。

 

2、ポートレート「も」撮りたい、とりあえず単焦点レンズが欲しい人向

→SEL55F18Z 日常スナップからポートレートまで卒なくこなします。コンパクトで軽いので、カメラを持ち出しやすいです。初めて行く場所など、どの程度被写体と距離を取れるのかわからない、あまり機材を持ち歩きたくない時には自分はこの1本だけ持ち出します。

被写体との距離が取りづらい場所では85mmは窮屈な写真になってしまいます。

 

f:id:super_mikan:20180618153741j:image

SEL55F18Z

 

3、ポートレートは結構撮っている、もっと撮りたい人向け

→SEL70200F4 ポートレート用に買う人は少ないかもしれませんが、85mm、105mm、135mm、200mmと背景を大きくボカした写真が撮りやすい焦点距離がまとまっているので開けた場所ではとても使いやすいです。望遠レンズの圧縮効果で背景がぐっと圧縮されるので、夜景バックにもしっくりきます。桜の季節など、花が背景の場合も密度が出て良いです。

ただし、被写体との距離はかなり長くなるので、うるさい場所や狭い場所ではおすすめできません。

F2.8通しはよりボケますが、この焦点距離であればF4でも十分ボケるのと、F2.8通しは非常に重いので、すごく疲れます。ですので、F4通しのこちらがおすすめです。

 

f:id:super_mikan:20180618154307j:image

SEL70200G

 

4、屋内で子どもをたくさん撮りたい

→SEL35F28Z 被写体とあまり距離を取れない室内でとても使いやすい画角です。

とてもコンパクトなので、子ども一緒の外出時にも便利です。ただし、広角寄りなので、ボケはあまり望めません。被写体と背景の距離を持たせる、レンズと被写体の間に立つワキ役を入れるなどして、前後の空間を上手く使いましょう。

 

 

5、あまり難しいことは考えたくない

→SEL24105F4 それなりに大きくて重いですが、上記4項目を満たせます。

ただし、写真を始めて間もない場合には、大口径単焦点のように簡単にボケるレンズではないので、なんだかパッとしない感じがすると思います。自信がない場合は、まずは単焦点レンズを一本買ってみましょう。

 

 

 

今回は後ろ姿をあまり撮らなかったので、少ないです。

 

f:id:super_mikan:20180617224021j:image f:id:super_mikan:20180617224422j:image

α7ⅲ + SEL70200G(F4解放)

左 70mm 右 200mm

200mmはもちろん、70mm でも背景との距離を取ってあげれば、かなり綺麗にボケます。

Aマウントが使えるであれば、重いですがタムロンのA009Sも安価で高性能なのでおすすめです。

 

 


f:id:super_mikan:20180617225211j:image

α99 + SAL2470F28Z

24mm F8

 

 

 

 

ニッシン Air10sとi60A

屋外用のライティング器材を一部入れ替えました。

Air1+Di700a × 2

から、

Air10s + i60A + Di700a

の組み合わせになりました。

きっかけは、ニッシン ジャパンのストロボセミナーです。

Air1でライティング中、不発になることが何度かああったので、セミナーの合間に状況を説明して原因を伺いました。

水たまり、雨など、水が近くにある場合、電波の送受信がうまくいかず、不発になるとこがあるとのことでした。

あるいは、違法スペックの電波製品が近くで使われていると、不調になることがあるそうです。

ニッシンのワイヤレスの電波域(?)は、コードレス電話などと同じで、使用されることの多い電波域だそうです。

国内の規制にきっちり合わせると、どうしても違法製品に負けてしまうことが出てくるそうです。

 

 が、苦労して通信安定性、距離を向上させたのがAir10sとのことでした。

このため、バッテリー持ちが短くなっているのかと思いきや、そこはled表示から液晶表示に変更したことで、むしろ良くなっているそうです。

というわけで、発売されたばかりのソニー用をその日のうちに購入してしまいました。

 

雨での撮影も多いですし、ポートレート撮影中に通信不良が出ると、復旧するまでにけっこう焦りますので。

また、夜撮影では70200を結構使うので、通信距離が長い方が安心です。

より細かくできるようになった光量調整は、i60Aでないと対応していないのですが、通信距離、安定性はDi700aでも恩恵があるそうです。

購入後さっそく、小雨撮影でDi700a 2灯を発行させましたが、通信不良ゼロで良かったです。

 

もう一点、Air10sの特筆すべきポイントは操作性の改善です。

Air1sの場合は操作ボタンが少なく、設定のために何回も同じボタンを押す必要がありましたが、この点が改善されているのも良いことです。

この点は、i60AもDi700aと比べて良くなっているところです。

 

 

i60Aは、Di700aであった通信デバイスをカバーする樹脂パネルが小さくなり、転けても壊れにくそうな形、素材にもなってます。

特にそういう意図で形状が異なるわけではないそうですが、外で使う機器としてすごく大事なポイントだと思います。

 

 

 

最後に作例を載せておきます。

 

f:id:super_mikan:20180617223448j:image

α7ⅲ + SAL135F18Z

Air10s

Di700a前後2灯

 

f:id:super_mikan:20180617223731j:image

α7ⅲ + SAL135F18Z

Air10s

Di700a前後2灯

 

 

air1                                                      Di700a + air1

 

今回使ったレンズ、SAL135F18Z

SEL85F14GMとSAL85F14Z Zeiss

前回、α7sとα99ⅱのバッテリーグリップをレビューしましたが、なんだかんだでα7sとα7ⅲの二台体制になりました。

それに伴い、85mmはAマウントzeiss SAL85F14ZからFEマウントGM SEL85F14GMに置き換わりました。

機材はフィーリングなので細かいことはあれこれ言いませんが、入れ替えに伴う個人的なメリットは下記です。

 

1.精度の良い瞳AFが使えるようになった

Aマウント→Eマウントの純正アダプターを使っても、FEマウントボディ+Aマウントレンズでは瞳AFが効きません。もともとα7ⅲの瞳AFが使いたかっとので、この部分のメリットは大きいです。

よく瞳AFの食いつきの話題を聞きますが、個人的にはそこまでかな!?という印象です。

どちらかというと、人の顔が正面寄りのときにピント拡大MFをしなくてもきっちり瞳にピントが合うというところにすごくメリットがあると思います。

瞳にピントを合わせる労力を大幅に軽減できるようになったことがとても大きなメリットです。

 

2.AFが早くなった

SEL85F14GMはよくAFが遅いと言われますが、Aマウントのボディ側モーター駆動AFに比べると段違いです。ここは迷う余地はないと思います。

 

3.パープルフリンジがなくなった

SAL85F14Zで主に開放のときに気になっていたパープルフリンジがなくなりました。

そもそも画質的には双方優劣付けがたいレンズですが割と大きいのはここかなと思います。

 

デメリットはGMが大きくて重いところですがそこを気にするレンズではないと思います。割り切ってグリップエクステンションを使いましょう。

小指の遊びがなくなるだけで圧倒的に持ちやすくなります。これは小さなレンズのときにも凄く効果的です。

バッテリーグリップも迷いましたが、α7ⅲの大きくてなった電池の恩恵で電池1本でも安心して撮影に挑めます。

デザインはやっぱりZeissアルマイト鏡筒が魅了的ですが、GMGMで機能的に振り切っているところが良いですね。

 

最後にそれぞれの作例を載せておきます。

α99ⅱからα7ⅲへの乗り換えレビュー、その他レンズのレビューをこらからぼちぼちアップする予定です。

 

f:id:super_mikan:20180617222531j:image

SAL85F14Z

 

f:id:super_mikan:20180617222708j:image

SAL85F14Z

 

f:id:super_mikan:20180617222846j:image

SEL85F14GM

 

f:id:super_mikan:20180617223208j:image

SEL85F14Z

 

  

 

α99ⅱとα7sの互換品バッテリーグリップのレビュー

f:id:super_mikan:20171028180945j:plain

α99ⅱとα7sの縦グリップを購入しました。

ネットで調べても出てこなかった、購入前に気になった点と、購入後確認した点をまとめます。

 

 

          

左:Meike 縦位置グリップ ソニーSONY VG-C1EM 互換品 シャッターリモコン付

右:NEEWER Sony VG-C77AM用BG-3Bバッテリーグリップ互換品

 

■気になったポイント1:防滴

純正品は、バッテリーに挿入される部分の根元にパッキンがあるようですが、今回購入したモデルにはないです。雨の中でのポートレート撮影なんかでトラブルが起こるとアレなので、大丈夫かどうか気になる所です。接点は奥まった所なので大丈夫かな!?

 

f:id:super_mikan:20171028201615j:plain

 

■気になったポイント2:外観品位

・α99ⅱ用:ちゃんと本体同様のレザートーン塗装ですが、ベース塗装のツヤが低めで白っぽいですね。シャッターボタンは金属プレス+塗装、前後ダイヤルはABS、リヤのボタン類とグリップはエラストマー(ゴム)です。バッテリートレイに成型時の反りがありますが、¥5000の商品なので問題ないです!

 

・α7用:外装はマットブラック塗装の樹脂です。前後ダイヤルはアルミかな!?と思いましたが、電鋳金型という精密な整形に適した金型で作られたABSですね。保護のクリアー塗装などもないので、多分傷がつきやすいです、シャッターは同じ成形品に蒸着(メッキみたいなもの)だと思います。グリップはエラストマーの貼り付け、両面テープのはみ出しが気になりましたが、それより使っている内に剥がれないかが気になります。α99ⅱ用同様、安い(リモコン付きで¥8000)ので問題ないです!

 

f:id:super_mikan:20171028201550j:plain

 

■気になったポイント3:動作性、操作感

・α99ⅱ用:ペコペコ感ありますが、本体の操作系とレスポンスも変わりません。特に問題無し。本体との接続も問題無しです。

大きさなりに重いので、片手で撮影というのはしんどいですね、、、。

 

・α7用:そもそもボタンが少ないですが、本体より軽めの押し感、回し感であるものの、ボタン、ダイヤル自体は問題無し。

ちょっとスペースは狭いですが、マウントアダプタEA4を使った時も問題ありません。

(互換品だからというのもあるのか)重さは思ったほど気になりません。

 

ROWAの互換品にはないリモコンも設定の仕方に慣れれば問題なく使えそうです。

 

が、1個大きな問題。グリップ側の接触が弱いらしく、三脚座へのネジの締込みが甘かったり、本体と引き離すような力が加わると、電源が落ちます。これは痛い。

かといって、返品しても改善されそうな部分でもないし、安い互換品でなんとかしたい

という思いもあるので、自分で改善してみました。

 

下は、ビスを3本外して、端子が見えるようにした状態です。

f:id:super_mikan:20171028204256j:plain

接点の端子パーツは筐体にはめてあるのですが、この部分にぐらつきがあるようです。

 

ですので、このパーツのぐらつきがなくなるように、ビニールテープを巻いたスペーサを作り、パーツを押し上げるように隙間に挟み込むことで端子のグラつきが出ないようにしてみました。

 

改善前同様、三脚座へのネジ締めはかなり強めにしないとダメなんですが、本体と引き離すような力をかけても電源が落ちにくくなりました。

 

週明け、東京モーターショーでたくさん使ってみようと思います。

 

こんなことしたくない方はamazonで最近安くなっている純正品をどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5Dmark2とEF 70-200mm F2.8Lで大阪湾の工場夜景撮影

f:id:super_mikan:20171020141813j:plain5Dmark2とEF 70-200mm F2.8Lで大阪湾の工場夜景撮影に行ってきました。

堺と大阪市の間、浜寺公園のあたりです。

5Dmark2とEF 70-200mm F2.8L(ISなしの初期型)の組み合わせは、前回のポートレート撮影で、写真はいいけど歩留まりは悪い(中心部以外のAF制度がとても悪い)ということがわかりましたので、夜景撮影に使ってみました。

EF 70-200mm F2.8Lについては、もらった時点でこのレンズの持病である前玉曇りやら片ボケやらが出ており、大阪のキヌガサカメラサービスさんでメンテナンスを受けています。

22000円ほどかかりましたが、これでデジタルの高解像度にも耐えられるよう調整しましたよとのことでした。外装もとても綺麗にクリーニングして頂けました。

私はAマウントメインですが、せっかくなので使えるときには使いたいということでポートレートと夜景撮影に使ってみたわけです。

 

f:id:super_mikan:20171020141904j:plain

f:id:super_mikan:20171020141946j:plain

f:id:super_mikan:20171020142017j:plain

長時間露光+RAW現像によるシャドウの引き上げでやはりノイズは出やすいですね。

今度はα7s + タムロン A009 SP 70-200mm f/2.8ですかね。

 

 

この手の重い機材は、素早く長さ調整ができて幅も広いダイアグナルのストラップが便利です。私は38mm2本、細いのを1本使っています。これまでいろいろ使いましたが

これさえあればいいと思ってます。

 

 

 ダイアグナル(diagnl) ニンジャ カメラストラップ Ninja Camera Strap

 

 

 

パラコードで好みの色の靴紐を作る

スニーカーを買うときに、靴紐の色にしっくりこないことありませんか?

 

今回はパラシュートやミリタリーの備品として使われるパラコードでシューレースを作ってみました。

 

 

<Columbia レインスニーカー ホーソンレインウォータプルーフ

シンプルで合わせやすい雨の日の靴です。長靴は完全防水の代償に蒸れますが、こちらは透湿素材です。透湿素材の中でも、ダナーなどのブーツは外では良くても、屋内の座り作業で動かないと蒸れやすいものです(経験済み)。このスニーカーは、生地も薄手でシンプルな作りなので、屋外では濡れず、屋内では蒸れないので快適です。あと、超軽いです。普通のスニーカーよりも軽いです。それとは見ませんが機能性万歳なスニーカーです。ずっとこの手のスニーカーを探していてやっと見つけました。

 

黒が欲しかったのですが、どこも在庫切れでネイビーを購入しました。

が、シューレースが白で個人的にしっくりきません。

 

家の中で余っているシューレースもちょうど良いものはありませんでしたが、パラコードと熱収縮チューブはあったことを思い出しました。

  

パラコードはパラシュートに使うほど丈夫なもので、太さ的にもシューレースにぴったりです。

  

 

熱収縮チューブは電気配線で線の接続部をカバーする用途が一般的ですが、繊維の束のようなものの先を束ねるのにも使えます。

 

 

 

 

パラコードは熱で溶けるので、火で炙るだけでもバラけないように留めることはできるのですが、シューレースっぽくないので、溶けた部分が丸くなってレースホールに通しにくくなっても困るので熱収縮チューブで細く束ねることにいしました。

 

<作り方>

 

1、元の紐と同じ長さにパラコードを切ります

f:id:super_mikan:20171018212650j:plain

 

2、熱収縮チューブを適当な長さに切って、紐の先に通します(収縮するのは基本直径部分なので、長さはほとんど変わりません)

f:id:super_mikan:20171018212745j:plain

 

3、ライターで炙って縮んだら完成です

f:id:super_mikan:20171018212934j:plain

 

f:id:super_mikan:20171018213019j:plain

 

完成!

 

f:id:super_mikan:20171018213103j:plain

 

今回初めて作りましたが、黒とオリーブあたりのパラコードを一回買っておけば、その他用途に使い回しもできますし、いろいろな靴紐の長さにも対応できるのでオススメです。編み込んでストラップにするのも良いでしょう。

 

私はカバンや靴などの外で使う物を買ったら、とりあえず防水スプレーを振ります。

革でも布でも。

雨はもちろん、汚れもつきにくく、付いても落としやすくなります。

とても空気が悪くなるので、使う時は外でどうぞ。